FXや証券、仮想通貨等の投資ブログです!

為替、暗号通貨の基本|FX初心者の方へ!

FX

【FX】南アフリカランドやトルコリラのスワップ狙いの投資家は死亡?スワップ狙いの危険とその対策

更新日:

南アフリカランドやトルコリラのスワップ狙いは地獄?

個人投資家がよく行っている南アフリカランドやスワップ狙いの資産運用の方法について解説していきます

南アフリカランドやトルコリラのスワップ狙いの長期保有は死亡ルートなの?

結論としては死亡ルートです。ただし、適切な運用がなされていれば別ではあります。
深く考えずにシンプルにロングポジションだけを持って、スワップを長期で取りに行くのは少し安易です。

例としてトルコリラを例に見てみましょう。

トルコリラ円の為替レート10年

2007年あたりでは対円で95円付近をつけていました。

しかしながら2010年には60円まで下落、つまり40%評価損が出ていますね。

その間の3年間でも政策金利は17%超から引き下げられていたため、平均12%程度
スワップポイントで評価損をカバーできる値幅はせいぜい10%程度ではないでしょうか?
スワップ入れても30%超は負けています。またこれを取り戻すのに3年以上待つことになります。

通貨の価格の下落率が、政策金利を上回ってしまうとスワップ金利は意味をなさない。

この時の政策金利は6.5%程なので、今後スワップをもらったとしても年間に6.5%以上通貨が下落すると元金以上に損が出ることになります。

これだけ考えて見ても「なんで投資してるんだっけ?元金回復を待つため?いや違うよな」と疑問に思えばあなたはまともな考えの持ち主です。

それなら半年でもトルコリラを売って稼いでおいたほうが得策です。
永遠と評価損をスワップでカバーできる日を待ち望んている投資家も多かったのですが、
高金利通貨には理由があるから高金利なわけなので、そこの理解は大切です。(勿論、スワップ金利で稼ぐ手法も当然あります。)

南アフリカランドやトルコリラなどの高金利通貨のスワップを味方にするには?

私が数か月前まで証券会社のトレーダーとして働いていた時、機関投資家はトルコのアセットに投資するとき為替リスクを取っていた人はほとんど皆無で、

周囲は口を揃えて同じことを言っていました。

「いや、金利の前に下落幅が大きすぎてロングする通貨じゃないし、為替ヘッジつけてなんとか可能性を考えるレベルの通貨だよ」

新興国の通貨は先進国の景気にすごく影響を受けます。
通常先進国が利上げを始めると、資金がそちらに流れていくため新興国である南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソ、ロシアルーブル等は資金流出から売られることになります。

つまり、先進国が利上げをすると自国通貨が急激な下落に見舞われないようにするため利上げを追随ます。
この観点から、政策金利が高い理由は、決して景気がいいからではないことも多いです

とは言え、南アフリカランドやトルコリラの金利高いからスワップ欲しい!という人ももちろんいると思います。

その場合は下記を必ず徹底してください!

  • チャートで下ヒゲが出るなど短期的な反発が期待できる状態
  • ニュースで好影響の受けるニュースが出る(1と同時がベスト)
  • エントリー後は必ずストップを置いて逃げる体制は必ず作っておく

この3つを守り、適切な運用さえなされれば、大きな短期的な値上がりとスワップどちらも獲得できます!

南アフリカランド等のスワップ金利でとっていきたい方はこちらの記事もチェック!

とは言えここで言いたいことがなにかというと、

スワップにこだわるわけではないのであれば、あくまで値上がり益中心で考える。
その際には、スワップ金利はついでに入ってくるラッキーな金利!

くらいに頭にいれてトレードしてくれると良いかなと。

ちなみに、明らかにおかしいほど金利が高い国の通貨は気をつけてください。
アルゼンチンの政策金利60%なんかは異常値です。

このようにきちんとした知識をつけて投資にのぞんでくださいね!

 

ちなみにですが、

私が考えるFXのおすすめ口座も記事にしてみたので併せて読んでみてくださいね!

FX口座のおすすめはこちらから!

 

-FX

Copyright© 為替、暗号通貨の基本|FX初心者の方へ! , 2019 All Rights Reserved.