FXや証券、仮想通貨等の投資ブログです!

為替、暗号通貨の基本|FX初心者の方へ!

FX

トルコリラで死亡することが大好きな日本のスワップポイント狙いの投資家!<為替>

更新日:

(2019年8月11日 更新されました)

今日はスイーツトレーダーの「トルコリラのスワップポイントで勝つ手法」をご紹介しようと思います!

なぜか日本人ってスワップポイントで金利が高いからといって戦略なしでトレードしている人

ばかりで不思議ですよね。

それで勝てるならみんなやってると思いますがやらないなりには理由があり、

やっている人は戦略を持ってやっています。

 

ここでは、そのトルコリラを利用して必ず勝てる運用手法をご紹介します。(個人でもやってるので公開すべきか悩みましたが、、w)

 

これで運用すればほぼ勝てるとは思いますが、まずはなぜナンピンがトルコリラでは危ないのかをご説明して、

そのあとに運用手法を説明しますね!

お伝えすることは下記の項目です。

1.トルコリラのスワップポイントの威力とは!?

2.トルコリラのスワップ運用で負けている理由

3.トルコリラのスワップ運用で勝つ手法

トルコリラのスワップポイントで勝つ手法

トルコリラのスワップポイントの威力とは!?

まずはトルコリラのスワップポイントはどのくらい大きいものなのかご説明したいと思います。

現在(2019年6月17日)時点でトルコリラの政策金利は「24.00%」です。

日本の政策金利は「-0.10%」です。

この差がなんと「24.10%」もあるのが魅力的ということは周知の事実です。

ではこれの金利差がどのくらい金額に影響するかと言うと、、、

単純にトルコリラを1lot買って一年間放置した場合スワップポイントがなんと、、、

「29,200円」(※FX業者によって異なり外為ドットコムのシミュレーションから試算)

このトルコリラを1lot購入するために必要な入金額はなんと、、、

「8,000円」

これだけ見るととても魅力的に見えますが、注意点はレバレッジを25倍で計算しているため、4%為替が逆方向

に動いてしまうと強制ロスカットに遭うためこのようなリスクの高い投資をしてはいけません。

そのためトルコリラは「リスク管理の徹底」が最重要事項となります。

では元金が100万円あった場合にレバレッジ1倍、2倍、5倍で1年運用した場合どのくらいスワップポイントが入るか

まとめてみました。(想定為替レートはトルコリラ円@18.39で計算)

1元金が100万円でそこまでリスクを取らなくても年間15%以上の金利が享受できることになります。

これはあくまで「政策金利が変化しなかった場合」のため注意しましょう。

では金利の収入から逆にどこまで一年間で価格が下落しても耐えることができるのか。

スワップポイント含めてブレークイーブンになるのか計算しました。

結構な値下がりをしたとしても、ある程度はスワップポイントの収入部分で為替差損を補填できることが理解できると思います。

しかし説明するまでもないですが、トルコリラは2008年のリーマンショック以降の80円以上の水準から下落し続けており、

現在の18円台という動きになっています。

そのため今回ご紹介する「トルコリラの高いスワップポイントを利用した運用手法」は現在の水準から勝つ方法

として認識してください。

トルコリラのスワップポイントでボコボコに死んでいる投資家の理由

次にトルコリラのスワップポイントでボコボコにやられて死亡フラグ状態の投資家がたくさんいると

思いますが、この理由は単純でしょう。

「戦略がないナンピンをしているから」

です。

下がったら平均単価が下がるため一見良さそうに見えますが、トルコリラのスワップポイントの運用でも

一応回転売買する必要は出てきます。

特にトレンドが下落トレンドであるため、トレンドとは反対の方向で持ち続けることは

普通しないはずですが、なぜか日本人はやってしまっています。

それは負けて当たり前ですよね。

一応負ける理由が一目でわかるチャートをご用意しました。

チャートは黄色がトルコリラ円の為替レートです。

白の塗り潰しのチャートがトルコの1週間レポレート(政策金利)を表しています。

金利が10%もない時からスワップポイント狙いの運用を行なっていたとしても

流石にこの為替レートの下落に耐えることが出来ないのは至極当然です。

では

「スワップポイントを利用した戦略とはどういったものがあるのか?」

解説したいと思います。

トルコリラのスワップポイントを利用した裏技とは?

ではここから本題の

「トルコリラ円のスワップポイント運用で利益を出す手法」

をご紹介したいと思います。

私が行ない始めた手法は

「スワップポイントと短期トレードの合わせ技」

です。

ルールは以下の通りです。

1、レバレッジは2倍で18円付近でエントリーを行うこと

2、究極のオシレーターが35付近まで低下したタイミングで、RSIが30以下になっていれば1と同量でエントリーをすること

このルールのポイントは

「レバレッジでリスクをコントロールしていること」

がとても重要なルールです。

1は読んでいただいて理解できると思いますので、2についてご説明します。

2はなかなかタイミングでとして起きないタイミングであるため、必ずエントリーするようにしましょう。

ではチャートを用いてご説明します。

上記のチャートは直近のトルコリラのチャートになります。

中段がRSIで、

下段が究極のオシレーターです。

白のラインを引いているところがエントリーポイントとして判断するラインとなります。

チャートの一年間を見るとエントリーチャンスは3回程度です。

そしてこのタイミングでエントリーをすると必ず1円程度の反発が起きていることがわかると思います。

そのためルールとしては「一円で利益確定」ということになります。

2のこの利益確定のルールは必ず守って深追いしないようにしましょう。

理由としては

「あくまで1の損益をカバーするための補助的な手法」

だからです。

確率としてその程度戻るため取引を行いますが、トレンドは長期下落トレンドであることは間違いないため、

深追いは禁物です。

これは必ず守るようにしてください。

つまり年間で3回あるチャンスで100pipsから300pipsは下落分のバッファーを作れることになり、

ブレークイーブンのポイントはより低下することになります。

これを行うことで証拠金維持率にも余裕が生まれ、追加でポジションを取る余裕も出来ることでしょう。

あくまで投機目的ではなく長期投資で資産形成するための手法であり、

無理は禁物です。

取引量を増やしたり、無理なリスクを取ることは絶対にやめましょう。

トルコリラ円は怖いものではなく見方にすれば最強の通貨ペア

トルコリラで死亡する投資家は、何も考えていない投資家がほとんどです。

下落局面でも現在の水準からトレードを始めれば、レートが0になっても

耐えることができるようなリスク管理すら可能となっています。

この手法を利用するにあたってのトルコリラの注意すべきポイントは

「政策金利の引き下げ」

です。

どうしてもここが引き下げられると、スワップポイントも低下することになります。

その時はブレークイーブンのポイントを考えながら証拠金や取引量を調整する

必要が出てくることになります。

しかし現状の金利水準からすると、トルコリラ円というマイナス金利と高金利の通貨ペア

を利用しない手はありません。

そこで考えたのがご紹介した方法であり、少しこれでもリスクが高いと判断すれば

証拠金を増やしてレバレッジをより低下させることも可能です。

あくまで重要なのは「トルコリラの変動」ではなく、「リスク管理の徹底」ということ

を間違えないようにしましょう。

以上スイーツトレーダーの

「真面目なトルコリラ円を利用した中長期的な運用手法」

でした!

 

 

 

-FX

Copyright© 為替、暗号通貨の基本|FX初心者の方へ! , 2019 All Rights Reserved.