FXや証券、仮想通貨等の投資ブログです!

為替、暗号通貨の基本|FX初心者の方へ!

FX 投資一般

イベントを利用した目から鱗のポンド円のスキャルピング手法

投稿日:

どうもー!スイーツトレーダーです♪

ここではFXとか危ない、、、とか、FXは損が底なし沼とか思われている方でもできるトレード手法をご紹介します!

やはりFXは値動きの変化とレバレッジに魅力を感じて取引する人が多いですが、その通貨ペアの中でも値動きが大きいと言われるのが「ポンド」ですよね♪

この通貨は殺人通貨とまで呼ばれ、イベント時にはポンド円で10円以上動いたりすることもあり、一攫千金にも、瞬殺されることもある通貨で、個人投資家には人気の通貨ペアとなっています!(あっという間に死にたい方にもおすすめww)

ではこのポンド円という値動きの激しい通貨ペアを利用してスキャルピングトレードするにはどのようにすればいいのかご紹介していきましょう♪

イベントを利用した目から鱗のポンド円のスキャルピング手法

ポンド円に関するイベントをチェック!

ポンド円は殺人通貨と呼ばれているのは先ほど説明した通り、値動きがとても激しくレバレッジをかけるととんでもなく評価損益がでることが所以ですが、どのくらい値動きがあったのかを例で紹介します!

最近であったイベントは「英国EU離脱に関する国民投票」ですよね、、(それはそうだろという感じですが、、)

この時動いた値幅はなんと

上下30円以上!!!!!!!!!

1lot保有していても30万以上の損益が発生したことになります、、、w

ここまで動く通貨を利用するというのはどのようにすればいいのか!!!

まずはポンド円を取引する際でもポンドが動くニュースをチェックしておかないといけませんねっ♪

直近では3月に期限を迎えるEU離脱に関する交渉の行方です!

今後EUと話すタイミングはMT、EU首相とイギリスメイ首相が会談する予定等一つ一つにマーケットが反応します。

特にこのように経済に大打撃を与えかねないイベントはスキャルピングトレードをする絶好のチャンスでもあります。

ここから実際に私がどのように行なっているかご紹介していきます。

使う注文方法は「if-done」注文

まずif-done注文の方法を説明します。この注文方法はポンド円のレートが設定されたレートに達したら買ってね(売ってね)、そしてその注文が成立した後、別途設定したレートに達成すれば売ってね(買い戻してね)という注文方法です。

通常この注文方法は、最初の注文がエントリーポイントとなるので「指値注文」と呼ばれるものになりますが、今回の手法はこれを変更します。

変更点は「指値注文」ではなく「逆指値注文」をエントリーとして設定します。

「逆指値注文」は通常損切りと呼ばれる損を確定させるために使うものとして一般的になっていますがこれを利用することが今回のポイントとなります。

手法の詳細説明

まずイベントがある日をチェックします。

例としては「イギリス雇用統計」、「BOE政策会合」、「EUと離脱交渉のイベント」等が直近で利用できるイベントとなります。

そして例えばイギリス雇用統計やBOE政策会合は時間が決まっているため、その数十秒前から待機しておきます。

そしてif-done注文で2つの注文を入れます。

1 逆指値の買い(stop-buy)注文を設定し、その次にターゲットとなる利益確定の売り注文を値幅から想定されるポイントに同時に設定。

2 逆指値の売り(stop-sell)注文を設定し、その次にターゲットなる利益確定の買い戻しの注文を値幅から想定されるポイントに設定。

この注文がポイントなので注文方法の意味を説明します。

まず1は、「雇用統計の数字が良好だった場合ポンド買いに大きく動くことから、自動的に注文を出して置くことで、ロングポジションが作られ、その瞬間に利益確定の位置で売りが自動的に発動するため、数秒で利益がある程度見込めます。

2はその逆になりますが考え方は同じです。

手法の注意すべきこと

この手法で注意すべきことがいくつかあるため必ず読んでください。

1 値幅がどのくらい出るのか過去のチャートから推測しておくことです。(値幅を間違って欲張ると、ターゲットに達成せず、全戻しして損となる可能性があるため欲張らずに設定することが大事。)できればエクセル等で過去のイベントの日だけ抽出し平均値幅等をチェックしておきましょう。

2 最初は「逆指値注文」でのエントリーとなります。この注文はFX業者が損にならないように設定されるため設定したレートからスベる(ずれる)ことになります。つまり設定したレートに近いレートで約定を成立してくれる業者を使わないといけません。

3 if-done注文方法は大体どのFX業者もある注文方法ですが、最初のエントリーは大体指値のみで受け付けているFX業者も多い状況です。そのためif-doneの注文方法があり、そして逆指値エントリーできるFX業者が必要となります。例でいうとSAXOBANKは逆指値注文でのエントリーが可能となっているため参考にしてください。

4 ターゲットに達成できず反転した場合は遠慮なくポジションは閉じることです。短期的な取引を想定しているのでシナリオが変化した場合はすぐに損失関係なく撤退してください。何度でもリカバリーは効くので固執することがないようにしましょう。

まとめ

以上がポンド円のボラティリティを利用したスキャルピング手法になります。特にこれはイベントの発表時で一瞬で完結するためサラリーマンの方とかでもとても行いやすい手法でしょう。特にシンプルなトレード手法でテクニカルとか不要で勝率も高い手法なので参考になれば嬉しいです!!!

以上スイーツトレーダーの目からウロコのスキャルピング手法のご紹介でした!!

ツイッターフォローもよろしくお願いします!

-FX, 投資一般

Copyright© 為替、暗号通貨の基本|FX初心者の方へ! , 2020 All Rights Reserved.